SaaSプラットフォーム

「1つのプラットフォーム上で多種多様なデータ解析を。」

弊社では三次元計測データの自動三次元モデリングから各種CAE(Computer Aided Engineering)解析機能をSaaS型でワンストップで提供しております。従来では、三次元点群データをBIM/CIM等で必要となる三次元モデルに変換するには複数のソフトウェアや高い専門知識が求められました。また、製造業や土木建築業界の設計業務では耐風や耐震、排熱、電波干渉、日射条件等、様々な環境のシミュレーションが求められています。この業務遂行には高性能ソフトウェアや専門性が必須であり、利用の裾野が限定的でした。
これらの状況を踏まえ、各種シミュレーションに必要なモデルを自動で生成し、クライアント様の要望にお応えするサービスを提供いたします。

SaaSプラットフォームの基本機能

弊社のプラットフォームは「自動モデリング」と「各種シミュレーション機能」に大別されます。
いずれも初見の方でも容易に操作できるようなUI/UXとしており、ユーザ様の声に応じて適宜追加開発や修繕を行います。

点群データの自動モデリングツール「Modely(モデリー)」

計測した点群データを弊社プラットフォームにアップロードし、クラウド上で自動解析。対象を画面上でクリックするだけで、自動で寸法精度100%(パラメトリックモデリングを採用した場合)の三次元モデルが完成します。

点群三次元モデル可視化・共有ツール「Linked Viewer」

点群データや三次元モデル、二次元CAD図面等を、誰でも閲覧・共有できるプロダクトです。URLの共有のみで、ブラウザ上で閲覧し、生データをダウンロードして頂くことが可能です。

Dummy Title2

サービスの特長

自動モデリングやシミュレーション機能提供にあたる弊社独自の強みや特長をお伝えします。

各種シミュレーション

産業・業務別の設計等に応じて必要となる様々なシミュレーション機能を提供いたします。クラウド型により従来多くの時間とコストの掛かっていた大規模演算も容易となり、逆解析によるレコメンド機能等でサクサクと解析作業が進められます。クラウド型だけでなく請負型での作成も承ります。

大学やベンダーと連携した新規技術の開発

弊社では東京大学をはじめ、高い要素技術を有した技術ベンダーとの技術提携により、新規技術の開発を継続的に行うことが可能です。戦略的な提携により、開発のスピードや蓋然性も担保しております。