NEWS

弊社の、最新ニュースをご紹介します。

  • 全ての記事
  • プレスリリース
  • メディア掲載情報
  • その他

DataLabs、NEXCO中日本が主催するビジネスコンテストで優秀賞

DataLabs株式会社(本社:代表取締役社長:田尻大介)はこの度、中日本高速道路株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長CEO: 小室 俊二)が運営するイノベーション交流会が開催する「高速道路DXアイデアコンテスト」にて優秀賞に採択されたことをご報告いたします。

プレス全文
本件に関するお問い合わせ

「東大IPCキャリアスクール」第一期卒業生として弊社社員が紹介されました

2022年1~3月に開催された東大IPCキャリアスクールに参加し、ミートアップイベントを通して、大学発のスタートアップ企業「DataLabs株式会社」に就業したキャリアシフトストーリー。

記事全文
本件に関するお問い合わせ

Waris採用ケーススタディにて弊社をご紹介頂きました

採用活動を行う上で、「恐れのない組織」づくりを目指しています。 立場や役割にかかわらず、発言を否定されることなくオープンにコミュニケーションができるカルチャーを大切にしています。 将来のIPOも見据え、さらに企業としての体制を整えて参ります。

記事全文
本件に関するお問い合わせ

日経アーキテクチュア「建築をアップデートするベンチャー100」に掲載頂きました

「建築をアップデートするベンチャー100」に選定頂き、自動で三次元モデルが生成できる「Modely」やあらゆる三次元データの可視化・共有ツール「LinkedViewer」についてもご紹介いただきました。
今後も建設業界における生産性向上に資するプロダクト開発を全力で進めて参ります。

記事全文
本件に関するお問い合わせ

国土交通省中部地方整備局の現場ニーズ・技術シーズマッチングに採択

現場ニーズと技術シーズのマッチングが成立! i-Construction のさらなる推進を目指して 革新的技術の導入を加速

国土交通省では、建設現場の生産性向上を図る「i-Construction」の推進により、誰でも働きやすい現場を目指しています。そのため、新技術を建設現場に取り入れることを目的に建設現場のニーズと企業の持つ技術シーズをマッチングさせる取組が行わせています。 今回、中部地方整備局内でのマッチングイベント選考の結果、DataLabsの提案テーマ2件が採択され、今後、中部地方整備局の現場で技術の試行を順次実施していく予定です。

①ニーズ:配筋検査を簡易にする技術が欲しい → DataLabs採択提案「点群データの自動モデル化による配筋検査高効率化(プリミティブ形状の自動モデル化)」
②ニーズ:現地状況を簡易的に確認できる技術が欲しい → DataLabs採択提案「クラウド型三次元データ可視化・共有システム(ブラウザのみで現地情報を確認できるシステム)」

記事全文
本件に関するお問い合わせ

第7回 Keidanren Innovation Crossing「KIX」に登壇



3月29日、ピッチイベント「Keidanren Innovation Crossing (KIX)」の第7回イベントを東京大学協創プラットフォーム開発(東大IPC)の協力のもと、東京・大手町の経団連会館で対面形式(リアル)により開催されました。 DataLabsはスタートアップピッチで登壇し、三次元モデルを作成しシミュレーションや環境の可視化を行うプラットフォームについて経団連に参画されている大企業各社様に紹介いたしました。ピッチ終了後には、会場内で登壇者と参加した大企業との間で、活発なネットワーキングも行わせて頂き、今後の連携可能性を検討させて頂きました。

記事全文
本件に関するお問い合わせ

『アクセラレーションプログラム未来X(mirai cross) 2022』にて【AI/IoT/DX 部門】最優秀賞及び「GAPグラント賞未来X(mirai cross)2022」ダブル受賞

『アクセラレーションプログラム未来X(mirai cross) 2022』にて【AI/IoT/DX 部門】最優秀賞及び「GAPグラント賞未来X(mirai cross)2022」ダブル受賞

株式会社三井住友銀行(本社:東京都千代田区、頭取CEO 髙島誠)、SMBC日興証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長(CEO) 近藤雄一郎)、SMBCベンチャーキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 落合昭)と、株式会社みらいワークス(本社:東京都港区、代表取締役社長 岡本祥治)により、2015年度より開催されているアクセラレーションプログラム『アクセラレーションプログラム未来X(mirai cross)2022』のFinal Pitch(最終審査会)が終了し、DataLabsは【AI/IoT/DX 部門】で最優秀賞及び「GAPグラント賞"未来X(mirai cross)2022」を同時受賞いたしました。

プレス全文
本件に関するお問い合わせ

DataLabs、JR東日本スタートアップ株式会社・東日本旅客鉄道株式会社が開催した課題先行型マッチングイベント「STARTUP PITCH#3」に採択

DataLabs、JR東日本スタートアップ株式会社・東日本旅客鉄道株式会社が開催した課題先行型マッチングイベント「STARTUP PITCH#3」に採択

JR東日本スタートアップ株式会社(代表取締役社長:柴田裕、以下「JR東日本スタートアップ」)が主催し、JR東日本グループ各社が抱える課題を提示した上で、その課題解決に繋がる優れたアイディアや技術を持つスタートアップ企業とJR東日本グループ各社を繋ぐ課題先行型マッチングイベントSTARTUP PITCHを昨年10月25日に開催されました。今回は東日本旅客鉄道株式会社(代表取締役社長:深澤祐二、以下「JR東日本」)建設工事部が登壇、当日は150名を超える方に参加いただきました。選考の結果、DataLabsが採択され、JR東日本スタートアップ様及びJR東日本様と協業に向けた検討を開始することになりました。今後、次年度のスタートアッププログラムや技術開発等のスキームの中で実証実験等を行っていく予定です。

プレス全文
本件に関するお問い合わせ

「建物の3次元モデル、手軽に作成」日経新聞に掲載

シードラウンドにおける資金調達のニュースについて日経新聞様に記事を掲載していただきました。

記事全文
本件に関するお問い合わせ

「デジタルツインSaaS開発のDataLabs、東大IPCとDEEPCOREから1.3億円をシード調達」BRIDGEに掲載

シードラウンドにおける資金調達のニュースについてBRIDGE様に記事を掲載していただきました。

DataLabs株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田尻 大介、以下DataLabs)はこの度、東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(本社:東京都文京区本郷、代表取締役社長 大泉克彦、以下「東大IPC」)及び株式会社ディープコア(本社:東京都文京区、代表取締役社長:仁木勝雅、以下「DEEPCORE」)を引受先とする、シードラウンドでの総額1.3億円の第三者割当増資を実施いたしました。

記事全文
本件に関するお問い合わせ